契約する

安全な賃貸借契約を締結するためのルール

近年は、部屋を借りる賃借人のために賃貸借契約に伴うルールをより明確にする会社が増えています。 従来まで、賃貸借契約に伴う費用については慣習によって余分な費用まで取られてしまうことが多かったのです。 特に、賃貸借契約に伴う賃貸人への敷金と礼金はその典型的なお金でした。 使途を明確にせずに慣習としてただ必要だった礼金に関しては、一度支払えば二度と賃借人の手元にお金は戻ってきません。 礼金に限らず、法律で規定されている敷金ですら明確な基準による原状回復がされていない事情があったため改善が行われたのです。 現在では、賃借人が預けたお金の使途を把握できるように賃貸人からきちんとした説明がされることが大半です。 安心して賃貸借契約を締結して部屋を借りることが出来ます。

契約は全て法律に基づいて進められる

賃貸借契約は、全て法律に基づいて話が進められます。 現在では、敷金は賃借人からの返還請求があったときには期間を定めて必ず返還しなくてはならず理由もなくそれを拒否することは出来ません。 敷金の返還請求は、賃貸借契約の期限が切れた時に請求することが可能になります。 敷金は、賃貸人が部屋を綺麗に使うことを期待して預かっておくためのお金であるため実際に綺麗に使ったときには返還する必要があるのです。 仮に、敷金を部屋の原状回復以外の目的に利用してしまうとその賃貸人は賃借人から賠償を請求されることもあります。 このようなトラブルが起こらないように、最初から契約書に敷金のような預かり金に関する取り決めを規定しておく会社が増えているのです。

Design by Megapx  Template by sozai-dx.com
Copyright (C)2015 賃貸住宅のアレンジ【原状回復でニューSTYLE住宅】 All Rights Reserved.